先輩社員の声

「高橋 あずさ」東京理科大学卒

ファーマみらいでは、新人薬剤師は半年ごとに2年間かけて近隣の4店舗を回る制度があります。
現在は、新人薬剤師としてプリセプターさんにご指導をいただきながら、主に調剤業務を行っています。調剤薬局の薬剤師は、患者さんとの距離が近く、薬剤師同士が協力しあいながら業務を行っています。
また、店舗にてイベントなどを実施し、患者さんだけでなく、地域住民の方々とも触れ合うことが出来ます。

高橋 あずさ

神奈川県の店舗に勤務で、現在、観光地の近くに住んでいるので、休日は観光地に出掛けて美味しいもの巡りをしています。
特にスイーツが大好きで、雑誌やテレビで紹介されたお店は並んででも食べています。

仕事に慣れて来たら、料理教室や英会話などの習い事を始めて趣味や特技を増やしていきたいと思っています。
仕事面では、店舗でのイベントの実施に携わっていきたいと思っています。
また、今後、認定薬剤師の資格も習得してみたいと思っています。認定薬剤師の知識を活かした店舗でのイベントの実施に携わることにより、患者さんだけでなく地域住民の皆様との交流を増やしていくことが出来れば良いなと考えています。

ファーマみらいは、新人薬剤師に対してプリセプターという指導係の薬剤師さんがつき、分からないことがあったとしても丁寧に指導を受けることが出来ます。
研修シートに沿って指導をしていただき、現在は主に調剤室にて調剤業務を中心に指導を受けています。
薬学部は5年次に現場にて実務実習を行いますが、実習時や本社での研修で学んだことであっても、最初から丁寧に指導をしていただくことが出来ます。
また、様々な研修にて同期と集まる機会が多く、同期の仲がとても良いです。