先輩社員の声

全国、どこへでも行く! 
「ナショナルコース」を選択した理由。

(編)現在富田さんは秋田の薬局店舗で勤務しているとのことですが、なぜ地元である東京近辺での勤務を選ばなかったのですか?

(富)薬剤師として将来どのようなキャリアを積み、最終的にどんな薬剤師を目指すのか、どんな薬局をつくるのかを考えた時に、まず自分に足りていないのは「経験」だと思ったんです。今は1年目で、まだ明確な理想像というのが描き切れ無くて…。

(編)それで地元を出ようと?

(富)はい。自分の性格上、地元にいるとどこかで甘えが出そうな気もして(笑)。
自分を鍛える、視野を広げるという意味でも、様々な地域で幅広い経験をしてみたいと思ったんです。地域によって患者さまの年齢層も違うし、店舗の形態も違ってきますよ。
ナショナルコースなら、各地の薬局でいろいろな経験を積むことができる。その中で、自分の理想とする薬剤師像、薬局像も掴めるのではないかと思って…。「日本全国、どこの薬局へでも行くぞ!」という意気込みで働いています。

(編)実際に「地域によっての違い」は感じますか?

(富)うーん、まだ1店舗目なのでハッキリとは言えませんが…。都内と比べると、明らかに違いはありますね。秋田はやはり高齢の患者さまの割合が高いですし、それに伴い、服薬指導のやり方も違ってくるはずです。
ひとことに「地域医療」と言っても、様々なカタチがあると思うんですよ。
それを実際に自分の目で見て回って、薬剤師としての土台を固めていきたいと考えています。

(編)秋田での暮らしはいかがですか?

(富)休日はよく散策に出かけます。初めての土地なので、新しい発見が多くあって楽しいですよ。あと、秋田でおいしい日本酒を見つけました(笑)。

君はどんな薬剤師を目指すのか?
入社してから見つけてもイイ。

(編)「いろいろな地域で働ける」といのも、ファーマみらいを選んだ理由のひとつですか?

(富)はい。全国各地に店舗があって、幅広い経験が積める点がとても魅力でした。
あと、薬剤師にはなったものの、まだ自分の中では理想像がハッキリと固まっていないんですよね。
でも、ファーマみらいには「これから見つければイイよ」というフトコロの広さがありました。
それと、若手の意見やアイディアを取り入れてくれる風土があることもイイところですね。

(編)何か温めているアイディアは、あったりしますか?

(富)それを見つけるために、これから全国各地の地域医療を見て回るんです(笑)。
今のところの拙いアイディアですが、店舗内にお茶でも飲みながらゆっくり座って話しができる相談専用の窓口を設けたらどうだろうとか…。ぼんやりと考えたりはしていますが。
まずは毎日の薬局業務、薬剤師としての基礎づくりをしっかりと努めます!

(編)全国各地で経験を積んで、富田さんが薬局の新しいスタンダードをつくる日が来るかもしれないと。

(富)そうなれるように頑張ります(笑)!

私のキャッチコピー:
「日本中が“地元”の薬剤師」

(編)なるほど!ナショナルコースを選んだ富田さんならではですね。

(富)日本のどんな場所に行っても、地域に溶け込んで、地域の人々に親しんでもらえて、信頼してもらえるように…。もう、そこが「地元だ」と言えるくらいに、地域に密着したいですね。今は秋田で勤務しているのですが、 最近ちょっと自分のイントネーションも東北寄りに変化してきました(笑)。
これからもっと経験を積んで、どんな地域のどんな患者さまにも親身に応えられる薬剤師を目指します!

「ファーマみらい」は○○な会社です!

(編)富田さんにとって、「ファーマみらい」とはどんな会社ですか?

(富)若手の「積極性」をとても大事にしてくれる会社ですね。1年目からでもやる気があってやりたいと手を挙げればやらせてもらえる環境がありますし、様々な経験を積める制度が整っていると思います。
新人研修では卸業務や管理栄養士の方と交流する機会もあり、自分の知識の幅が広がりましたね。
あと、何でも知っている「スゴイ先輩」が身近にたくさんいます!

もしアナタが私の後輩になったら…。

(編)コレを読んでいる学生の方が、入社して富田さんの後輩になったら。先輩としてどんなことをしてあげますか?

(富)そうですねえ、私は日本酒が好きなので、秋田で見つけたおいしい日本酒をゴチソウしましょう!
あと…野球も大好きなので、プロ野球観戦に連れていってさしあげます。
日本中の地域医療を見て回る所存ですので、いずれプロ球団の本拠地がある県にも配属されるでしょうから(笑)。

これから薬剤師になる学生へのアドバイス

国家試験の勉強もあり大変だとは思いますが、大学生活もしっかり楽しんで欲しいと思います。学生時代にしか経験できないこともありますから。でも、勉強もしっかりやりましょうね(笑)。就職活動に国家試験に、自分が培ってきた6年間を信じて頑張ってください!