先輩社員の声
佐内 正治

薬剤師ですが、薬局内にはほとんど居ません。

(編)まずは、佐内さんの日々の業務についてお聞きしたいと思います。「在宅医療」に取り組んでいるとのことですが、具体的にはどんな仕事内容なのですか?

(佐)私のミッションは、ファーマみらいの「在宅医療」業務を今後ますます充実させていくことです。だから日々、各地の薬局を訪問して在宅医療に関する勉強会を開いたり、店舗の薬剤師と共に患者さまのお宅を訪問したり、外部の医療機関やケアマネージャーさんと連携体制を築いたり…。

(編)つまり、全ての薬局に在宅医療の体制を整えるために…。

(佐)そう。そのサポートです。私の担当地域は、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城。全てとは言いきれませんが、かなり広大です(笑)。めざしているのは、「全国どこの薬局に行っても、薬剤師ひとりひとりが、在宅医療に関する知識やノウハウをしっかり備えている」という体制づくり。その理想を実現するためには、各地を飛び回らないと。

(編)それで「薬局内にはほとんど居ない」と。

(佐)そうです。全ての店舗でそのような体制が実現できたら、高齢の患者さまやそのご家族にとって、すごく心強いと思うんですよ。より地域に密着した、より安心できる地域医療の場所として、他の薬局にはない独自性を生み出すことにも繋がります。だから私のモットーは、「外へ、外へ」なんです。

(編)意欲に燃えて各地を飛び回る薬剤師、というわけですね。

この仕事はまさに、「未来づくり」。

(編)しかし意外でした。普通に想像する「薬剤師の仕事」とは、ずいぶんとイメージが違っていて…。

(佐)もちろん店舗業務も重要ですよ。ですが薬局の中だけが薬剤師の仕事場ではないんです。様々な店舗での在宅医療勉強会、様々な患者さまの自宅、介護・医療機関との連携の場、それが私の仕事の現場です。

(編)薬剤師の役割というか、仕事の仕方って、昔とくらべて変わってきているものですか?

(佐)それは言えますね。今後、高齢化社会はピークをむかえ、「在宅医療」における薬剤師の役割も、ますます重要になってきますからね。社員ひとりひとりが新しい意識を持って動き、薬剤師としての新しい在り方を模索していくことが大切だと考えています。先ほど言った「全ての薬剤師が在宅医療のノウハウを持つ」ということも、その新しい在り方の一つだと思います。

(編)なるほど、新しい在り方。やりがいも大きそうですね。

(佐)もちろんです。今の仕事は言わば、「薬局の未来」をつくっていくこと。ちょっとオーバーかも知れませんが、私はそう考えています。地域の人々がより安心して暮らせるよう、薬局の新しい可能性を広げていく…すごくやりがいと意義のある仕事です。なので、これからもますます全国を飛び回るつもりですよ(笑)。

私のキャッチコピー:「外に出ていく薬剤師」

(編)佐内さんの仕事ぶりが伝わるナイスコピーですね。

(佐)はい(笑)。薬局の外にどんどん出ていって、地域の人々と深く関わる、地域に貢献する薬剤師をめざしていますので。でも、私の仕事に限ったことではありませんよ。

(編)というのは?

(佐)薬剤師が地域医療のためにできることって、薬局の外にもたくさん転がっていると思うんです。それを見つけ出すことも、これからの薬剤師に欠かせないスキル。学生の方たちもぜひ、薬局の外に積極的に目を向けてみてほしいですね。

「ファーマみらい」は○○な会社です!

(編)佐内さんの目から見て、「ファーマみらい」はどんな会社ですか?学生の方にむけて、できれば一言で。

(佐)そうですね…。「様々な個性が集まった、新しいことにチャレンジできる場所」ですね。こんな薬剤師になりたい!こんな薬局をつくりたい!という意欲のある学生にはピッタリな会社だと思います。待っていますよ!

もしアナタが私の後輩になったら…。

(編)コレを読んでいる学生の方が、入社して佐内さんの後輩になったら。先輩としてどんなことをしてあげますか?

(佐)私の後輩になったら、他の会社では体験できない、色々な広い世界をアナタにお見せします。

(編)もう一声!

(佐)がんばりに応じて、美味しいゴハンやお酒も時々ごちそうしましょう(笑)。

これから薬剤師になる学生へのアドバイス

ではひとつだけ。「学生時代に頑張って取り組んできたこと」、これを自分の中で明確にしておきましょう。
自分はこういうことに力を入れてきた…と自信を持って言えるように。面接でもきっと聞かれると思いますので(笑)。