先輩社員の声

「大賀 由紀子」日本薬科大学卒

ファーマみらいに入社した理由は?

たとえ処方箋がなくても気軽に立ち寄ることのできる、身近な薬局は理想的だなと思います。
地域活動を通して患者様と密着していくこともこれからの薬局の姿として必要不可欠と感じます。薬に関する事柄を提供できるのはもちろんのこと、多岐にわたる情報やイベントを発信し、患者様に温かく寄り添えられるような薬局作りが新しい薬局として求められていると思います。

大賀 由紀子
入社後の印象

印象は変わりました。自分が想像していたよりもアットホームな職場で、仕事に打ち込みやすいです。先輩方との関わりも多く、優しく時に厳しく指導してくださり大変有り難いです。

最初は現場に出て働くということに漠然とした不安があり、業務をこなしていけるのか心配でした。しかし研修を経ていざ薬局に配属されると、先輩方やスタッフの方々が温かく迎えてくださり、不安が軽減されたことにとても感謝しています。分からないことやつまづいたりした場合にはアドバイスをいただいたり、サポートしていただきとても心強いです。何事にも積極的に取り組んでみようと前向きに捉えることもできるようになりました。まだまだ力不足で至らぬ所もありますが、しっかりと場数をこなし感謝の気持ちを業務の中でも還元できればと思っています。

当たり前のことですが、薬剤師として働くということはもちろん責任が伴います。日々様々な業務に触れていくと不安なことやわからないこともたくさん出てきます。手探りで解決をしていかなければならないこともあります。そんな時に服薬指導を通して患者様から感謝の言葉をいただいたり、チャレンジしたことが成功するというのは素直に喜べるし、しっかり取り組んで良かったなとやりがいを感じます。

社会人になってオンオフの切り替えを明確にすることを心掛けています。薬局業務は想像以上に大変なので、心身共にリラックスさせたり、ストレスを発散させることは大切だと思います。私の場合は友人と会話をしたり、音楽を聴いたり、好きな物を食べたりととことんやりたいことをします。また、たくさん寝て身体を休ませることも仕事にメリハリをつけるために欠かせません。リフレッシュすることが仕事とプライベートを両立させるポイントになると実感しています。