先輩社員の声

「須藤 尚子」新潟薬科大学卒

ファーマみらいに入社した理由は?

半年間プリセプターを付けてくれる教育制度があってとても助かりました。一番最初に頼れて評価してくれる先輩がいるおかげで様々なことを勉強することが出来ました。
また、研修で卸売事業の勉強もすることで医薬品の販売制度や医薬品の管理について詳しくなりました。なにより最初に研修に参加することで、社会人としての基礎や立ち振る舞いを叩き込まれた気がします。

須藤 尚子
入社後の印象

ファーマみらいの会社は入社前に聞いてた概要とあまり印象は変わりませんが、地域や薬局ごとによっての特色や印象は説明だけでは体感できないのでとても新鮮です。

ファーマみらいに内定が決まってからも様々な行事があったため、入社する前からすでに何人か知り合いや友達が出来ました。初めて仕事をするにあたって同期の友達という心強い味方がいることはとても重要なことであると実感しています。同期の話を聞くことで他の店舗の様子や自分の未熟さに気づかされ、日々切磋琢磨できると感じています。そんな大切な同期をつくる機会をくれる会社に入社でき、よかったと思います。また、ファーマみらいは全国に店舗があるため、同期に会いにいくのもちょっとした旅行になって楽しいです。

アクティビティを探して挑戦してみたり、様々なお店に行っておいしいものを食べたりすることが好きです。日帰りでプチ旅行に行ったり、それを友達と計画している時間も楽しいです。また冬はスノーボードに行ったりしています。

様々な企業が存在し就職先に迷う人もいるかと思います。私は就活をする際に自分の中でこれだけは譲れない条件というのをいくつか持って就活しました。例えば、実習先に行った友達が就職したいと思える職場環境や地元の近くに薬局はあるのか、また就職場所は希望を聞いてもらえるのかどうか等、他にも様々な条件と合致した先に就職しました。就活の一番はよく考え後悔しないことだと思います。自分で考えて選んで就職したならきっと後悔はしないはず、学生のみなさん辛いだろうと思いますがどうか頑張ってください。